体も顔もつるつるきら~ん!

体も顔もつるつるきら~ん!

大概の場合…。

通常、チワワと人が共に生きていくには、一程度の社会性を覚えなければいけないと考えます。従って、子犬の日々からしつけるようにしないとだめです。
ふつう、何もしつけをしないと無駄吠え頻度が多くなってしまうミニチュアダックスフンドのような犬も、しっかりとしつけをすると、無駄吠えすることを少なくさせることは不可能ではありません。
大抵の場合、歯が生え替わるような頃の子犬たちが、相当元気いっぱいですから、そんな期間に的確にしつけに取り組むようにした方が良いです。
犬にありがちな無駄吠えをしつける方法などに関して紹介しています。無駄吠えによるトラブル、安眠の妨害を予防するためにも、早めに訓練してみましょう。
永久歯に生え変わる時期にしつけを行い、噛む強弱の調整が可能になると、それからは噛む力の調節が分かっているので、力強く噛むことをまずしないようになると思います。

基本的に、チワワはトイレをしつける際もあまり大変ではありません。ですが、デリケートなところもあるようですから、しばらくはペットシーツの置き場所をあっちこっち置換しないことをお勧めします。
大概の場合、飼い主との主従関係を柴犬は直観で感じるそうです。柴犬を育てる時は躊躇をしたり、譲ってしまったりなどしないで、しつけに関してはじっくりと実践してください。
犬のしつけに関しては、吠えるまたは噛むのは、何が原因でそうするかを考えながら、「吠える行為は許さない」「噛むのは悪い行為」としつけていくことが必要でしょう。
頭の良いトイプードルなので、飼育には苦労話は目だってありません。子犬の頃からのトイレやそれ以外のしつけも、楽にクリアすると想像します。
一般社会でチワワが調和のとれた生活をするためこそ、社会のルールを習得しないといけないはずです。ということは、子犬からしつけをスタートしないといけないと考えます。

興奮が原因で噛む犬をしつけるのであれば、落ち着いて、穏やかな態度で取り組むことが大事だと思います。感情に任せてしつけをしていても、噛み癖は残ったままかもしれません。
最初のお散歩については、子犬に必要なワクチンを受けた後にした方が良いと考えます。もしも、しつけが完全でないと、犬との暮らしというのがひどくストレスと感じてしまったりします。
トイレトレーニングのしつけで一定以上褒美をあげることをやったら、その「成功したらご褒美」の思いが伝えられているか否か、一度確かめましょう。
全般的に歯が生え替わるような成長期の子犬は、かなりじゃれふざけるのが好きのようです。その時期に上手くしつけなどをすることをお勧めします。
チワワを飼い始めて、最初にするべきなのはトイレのしつけですが、世の中には、とにかくさまざまな子犬がいるんですから、特段焦ったりしないでゆっくりとしつけてみてください。

 

この記事に関連する記事一覧